ITF世界ベテラン選手権に挑戦し、日本のベテランテニスを牽引する佐藤政大選手(日本商業開発株式会社所属)はエーストレーナーを日々の練習に取り入れています。

佐藤選手とエーストレーナーの出会いから、どのように練習に使っているか?を聞いてきました。

佐藤選手フォア

佐藤政大
プロテニスプレーヤー(日本商業開発株式会社所属)
43才でプロに転向した最もアマチュアに近いプロ
全日本ベテランテニス選手権単複優勝

 

Q
エーストレーナーを使われてどのくらいですか?

A
もう一年以上使っていますね。
福田勝志プロが持っていて、使わせてもらったのがきっかけです。

Q
ご自身の練習に取り入れようと思った理由は?

A
今までいろんなテニスの練習器具を使ってきましたが、
エーストレーナーは振ってみた瞬間に「これだ!」と思いました。

Q
「これだ!」と思った理由は?

A
テニスの動き作りが感覚的に出来るからだと思います。
ストローク一つ取っても脚、体幹、肩、腕、手首などそれぞれが違った動きをしています。
私は運動連鎖と言っていますが、それらの部位ごとの正しい動きをしっかり連結できるようになれば
必然的に綺麗なフォームが出来上がります。
運動連鎖を体得できる練習器具は今までなかったのでとても気に入っています。

Q
運動連鎖を体感出来る?

A
エーストレーナーは正しくしっかりとしたフォームで振らなければ、
シャフトに付いたボールが良い位置で上がりません。
ボールが良いタイミングで上がるように運動連鎖を意識して振れば、
その人にとっての一番綺麗で良いフォームを体感でき、
これを繰り返すことで、自然とそのフォームを身につける事が出来ます。

佐藤選手トレーニング

インタビューの続きは次回!